尿酸値

誰しもがかかってしまう可能性がある恐ろしい病気に痛風がありますが、これの根本的な原因は尿酸値が高くなってしまうことにあります。尿酸値を安定させて何歳になっても楽しい食事ができるようにして下さい。 続きを読む

症状

痛風は1度発症するとじわじわと悪化する病気です。始めて痛風の発作がでたときは大人の男の人が泣き叫ぶ程の痛さだといわれています。しかし、対処方法はなくただ症状がおさまるまでじっとしている他ありません。 続きを読む

おすすめリンク

新着記事

現代病

昔とは違っていまでは食べ物が無くて死んでしまう、飢えるというようなことはありません。そんな飽食の時代だからこそ増加している病気に痛風があります。これは血液中の尿酸値が過度に上がった状態が続くことで発生する病気であり、関節炎の1つです。しかし、痛風はただの関節炎とは違いすさまじい痛みを伴います。それに、1度発症すれば常に痛風発作の恐怖がつきまとうことになり、発作を起こさないようにするためにはとにかく食事や運動に注意して健康的な生活を続けるしかありません。
この病気は男性の方が圧倒的にかかりやすく、女性の発生率は半数以下となっています。これは生活習慣的に男性の方が尿酸値の上がりやすい食生活をしていることが多いのに加え、男性の尿酸値許容量が女性よりも少ないことによる影響です。
昔は35~45歳程度の間に発症する病気でしたが、最近では20代で発症してしまうような人もでてきています。昔よりも食事が豊かになり、簡単に栄養が摂取できるようになった為にバランスのか頼りが目立つようになりました。その影響からどうしても肉類や炭水化物を中心で生活が進むようになり、若者にまで痛風の被害が下りてくるようになったのです。
痛風は激しい痛みを伴うものの、数日間安静にしていれば自然と治ってしまう関節炎です。そのために、たいしたことがない、もう大丈夫という根拠からろくに治療もしないまま生活を続け、再度痛風発作を起こしてしまうような人がたくさんいます。この痛風は悪化すれば悪化しただけだんだんと発作の感覚が短くなってきます。
関節炎を起こす場所も下から上へと上がってくるようになり、尿酸血症によるこぶが発生するようになります。ここまで痛風症状が悪化していれば他の臓器へも当然影響が出るようになります。
痛風から併発する病気で1番多いのが糖尿と腎臓病です。ここまでいけば死というものが具体的になってきますし、日常生活に痛み以外にも支障がたくさん出るようになります。ですから、ここまで悪化する前に痛風にかからないような生活を遅れるように努力する必要があります。痛風にならない生活は全体の健康につながりますから、30歳を超えたあたりから本格的に生活環境を見直す必要があるといえます。

痛み

痛風になると相当痛い思いをすることになりますし、食事制限も徹底的に行わなければいけません。そうなる前に原因となるプリン体を控えるような食生活をしていけるように調整して下さい。 続きを読む

弊害

痛風にかかってしまう人はその時点で相当に偏った食生活をしている証拠です。ですから、そのまま生活を改善しないままでいれば痛風どころではない大変な病気を併発してしまうのは時間の問題なのです。 続きを読む